プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
MAX660とMAX1681の聴き比べ。

MAX660とMAX1681の聴き比べ。


PCM2704DACのチャージポンプIC。MAX1681に変更すると、結構音質が変わる印象。電流出力と周波数が効いてくるのでしょうが、滑らかさがだいぶ違う感じ。ただし、チャージポンプIC後のRCフィルタを、LCRフィルタ(100uH、47Ω、1500uF)に変更してあるので原典とは少々回路が異なります。
MAX660とMAX1681の聴き比べ。

ポンプCをKZH 820uFにして試聴すると、MAX1681@500kHzと比べてMAX660@80kHzは「伸びが悪く」「カサついた音」に聞こえます。以前の感想としては低音の出方に差を感じたのですが、よく聞くと低音だけでなく全域の明瞭感が向上しているようです。

なお、出力抵抗に関してはポンプC・出力Cが大きな影響を与えます。低Zといっても電解コンでは500kHz動作についていけないようで、OSコンやMLCCが必要になります。

出力抵抗について測定した結果は以下のとおり。

MAX1681@500kHz
  • KZH 820uF・・・6Ω位
  • MLCC 47uF・・・4.8Ω位 (MLCC → GRM32EB31C476KE15)

参考
  • MAX660@80kHz/KZH・・・4.8Ω位
  • MAX1680@125kHz/KZH・・・4Ω位
  • MAX1680@250kHz/KZH・・・4.5Ω位
  • MAX1681@1MHz/MLCC・・・6.5Ω位

電流出力能力だけでみるならMAX1680@125kHzが良いのですが、周波数は高くした方が音質には好影響のようです。とはいえ、1MHz動作だと出力抵抗がどうしても下がらないので、500kHz動作で運用することにしました。

DIP変換基板上とはいえ、IC足にMLCC直付けなので実装面では大きな影響はないと思うのですが・・・。まあ、音質には満足なのでいいでしょう。
MAX660とMAX1681の聴き比べ。


電子工作 | [2012-04-26(Thu) 23:10:04]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。