プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
ポタ研2016夏で展示した自作イヤホン。
ポタ研2016夏で出したイヤホンのお話。

当日はアンプの他に自作イヤホンを二本持っていきました。何人かの方には上手いことハマって頂けたようでなによりでした。

…という事で、今回はこれらイヤホンの簡単なネタ見せをば。


ドライバ・ネットワーク素子


1.「2月ポタ研のリメイクイヤホン (3W3D)」


リメイク3W3D

構成
Hi : WBFK + 直列 0.22uF
Mid : RAB
Low : CI + 固定ATT (3.3Ω/10Ω)

2.「38AMコンペイヤホン (3W4D)」


38AMコンペ 3W4D

構成
Hi : 2354 + 直列 0.15uF
Mid : 2354 + 直列 18Ω
Low : 38AM

構成について (イヤホン共通)


基本的にはMidをフルレンジ的に見立てて、邪魔にならないように上と下を追加する…という方向性で音作りをしています。

各ドライバの帯域調整についてですが、主に音導管の太さ・長さでコントロールする方向性で仕上げてみました。それぞれHi 2mm、Mid 1mm、Low 0.2mmのチューブを使い、高域方向の帯域調整を狙っています。逆に、低域の調整は受動素子に任せています…といっても素子数は最低限。

一番のポイントは…Lowドライバの音導管に内径0.2mmのチューブを用いた点。細管をある程度の長さで用いることで、音響的にLPFがかかっています。だいたい100Hzから落ちはじめて1kHzまでには十分に減衰するので、ボーカル帯域にカブる事なくLowドライバを活かす…という感じになっています。

気づく方も多いかと思いますが、隠しネタとして3W3DがKnowlesドライバオンリー、3W4DがSonionドライバオンリーとしてみました。どちらのイヤホンも基本構成は大差ないのですが、音としては結構異なるものが出来ました。

どちらも好み…ではありますが、今となってはSonionドライバの入手が困難なのが惜しいところ。38AMの代替品を早く検討しないといけませんね…
CIEM | [2016-09-01(Thu) 23:42:25]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。