プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
はたらく魔王さま! BD6巻。
はたらく魔王さま! BD6巻。

とうとう最終巻。6巻には特典小説が付いてきます。

本編ディスク


はたらく魔王さま! BD6巻。

内容的には満足度の高いラスト3話が収録されています。毎度おなじみになった、本編ガン無視気味のオーディオコメンタリーももちろん収録。最終巻だけにメイン6人が揃っていたので、まあ話がまとまらない事…。

作者様のテキストコメンタリーも最後ということで、結構に思い入れのあるシーンが多かったご様子。全巻通して、作者コメントは作品理解を助ける良い内容でした。

特典小説「はたらく魔王さま! 2.8巻」


はたらく魔王さま! BD6巻。


内容は、巻数表記のとおり2巻と3巻の間のお話。正しくは7巻短編(アニメ最終話)の後に来るお話ですね。日常になりつつある環境と、人それぞれのちょっとした出来事…という感じ?

芦屋が日本に馴染むまでの苦労話や恵美と同僚の話、鈴乃が日本に慣れるまでの話など見どころが多いですが、妙に印象に残るのが例のアレ。学名表記ですが…

なお、寒気と戦いながらWikipediaで確認しましたが、「フリッジノーサ:黒いやつ、ゲルマニカ:茶色い羽の持ち主」ですね。

シリーズ通して。


1話の放送を見てハマってしまいましたし、アニメとして完成度はかなり高いと思います。無理にストーリー進行を急がず、1クールで原作2巻+α程度を使って丁寧に作られたのが大変良かった。しかし、原作読んでから見ると、必ずしも良い所ばかりではない部分もあり…。

特に恵美・梨香の描写が妙にキツイ事が気になりますね。この辺りの描写は漫画版が一番上手い。あとは後半につれて顔芸がやたら増えた事。他には構成の方の脚本と、各話担当脚本とのレベル差でしょうか。悪いワケではないものの、原作理解度も含めた緻密さが違うんですよね…。

とはいえ。基本的には良い出来の作品だと思いますし、2期を期待したい所。キャラ描写や顔芸などでやり過ぎない事を祈りつつ、2期を待ちたいと思います。原作ストックは豊富にありますしね。


はたらく魔王さま! (6) (初回生産仕様:和ヶ原聡司書き下ろし小説同梱) [Blu-ray]
アニメ | [2013-12-05(Thu) 00:18:19]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。