プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
雑記。(今期アニメ・終盤の感想。)
夏アニメもそろそろ終盤ですね。
思った以上に面白くなってきた作品もあり、イマイチな作品もあり…。
ということで、個人的な一言感想なんぞをまとめてみました。


恋愛ラボ


今期ダントツのお気に入り。マイルドの君にエノサヨ話、スズ兄・姉などきっちり決めてきますね。こういった、ちゃんと原作を活かして作られている作品は安定して面白いです。

あとは4巻の山場エピソードで終了なんでしょうけども、原作的にはここから先がたまらないんですよね。2期欲しいなぁ。


帰宅部活動記録


実は今期2番目位に楽しんでいる作品。相変わらず声優さんはもうちょっと…って感じですが、耳が慣れたのもあって気にならなくなってきました。最初から結構面白かったですが、右肩上がりでさらにネタが面白くなってきましたし。

このアニメ、声が微妙で作画がたまに崩れる…とアレな出来で低予算っぽいんですが、常に脚本が上手いのか話が面白いんですよね。やっぱり監督・脚本が作品に与える影響は大きいものですね。

サーバント×サービス


原作読者なので、序盤はアラが目立って微妙な気分になっていたのですが。中盤以降は問題なく面白いです。…まあ、原作からして2巻からが本番ですけど。一宮・千早周辺が特に面白いですね。

既読者視点から見ると、いくつか序盤の重要イベントが抜けている点(呪いとか)と、どこまでやってオチを付けるのか…というのが気になります。まあ上手いことまとめてくれると良いですね。

きんいろモザイク


今期癒やし枠。日常系作品はそれほど得意では無いのですが、コメディ部分が結構立っているので楽しめています。…英語ネタはどこいったんだろう?とは思いますが。作品内容とは無関係ですが、この番組見た直後に洲崎西を聞くのもオツなものです。


有頂天家族


和風ファンタジー的日常系…と思って見てましたが、いつの間にか2時間サスペンス的な話に。おかげさまで、ここ数話次回が気になってしょうがないです。

思い返してみれば、コレまでのエピソードも背景の積み重ねがたくさんあったんですよね。原作構成の巧みさに感服しました。


とある科学の超電磁砲S


原作付きの「妹達編」は美麗な作画で素晴らしかったのですが、案の定アニメオリジナルに入ったらかなり残念な出来に。設定面の黒さから、原案にかまちーが関わっていそうではあるのですが…。美琴しかり、カエル医者しかり、有能で強力なキャラを上手く扱えずに弱体化させる方向で話を進めるのはいただけない。

悪い意味で原作どおりなわりに端折りすぎる禁書、原作視点からするとおかしな展開が目立つ超電磁砲、アラが目立った劇場版…。とある系作品はどうも脚本に恵まれてないような。…JCだからか?


洲崎西


アニメではなくWEBラジオですが。巷の人気をみても今かなり注目を浴びていそうな番組。パーソナリティは洲崎綾・西明日香。たまこまーけっとのたまこにきんいろモザイクの忍…というと癒し系をイメージするのですが、この番組はそんなこともなく各所をディスり、シモネタも普通に飛び出し…とお互いを仲良く叩き合う展開に。

罵られたい豚リスナーが集まりつつありますが、適当に作家さんが制御しているようなので今のところ偏り過ぎない良バランスになってます。毎回「今回もヒドかった!」という内容で本当に面白いです。

雑記 | [2013-09-14(Sat) 02:10:38]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。