プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
這いよれ!ニャル子さんWが終わった!
這いよれ!ニャル子さんW。
原作初期から追いかけている作品で、前期アニメも文句を言いつつそれなりに楽しんでいたのですが…。うーむ。

最初から不安はあったんですけども。


前期アニメから思っていたのですが、ぶっちゃけ脚本が良くなかったんですよね。前期の反省を生かして洗練されるかと期待していたのですが…。

いやはや。前期の悪い部分だけを強調してきた印象ですね。アニメで使いされたパロディ部分だけが上滑りし、恋愛部分のシリアスさが無駄に深くなり、シナリオ面でも原作の細かい部分が完全に潰されていたり…。

一番気になったのは。


前期でも気になっていたのが、原作に対するリスペクト不足。全編通して「スタッフの皆様は原作をちゃんと読んだのか」と疑問に思うレベルなんですよね。キャラの印象とパロディ詰め込みという作風"だけ"をアニメ化したという感じ。

前期もストーリーをシャッフルした結果、キャラの好感度がおかしな事になってましたが…。今回はより酷かった。原作に文章として書いてある設定も無視されていましたからね…。
ハス太の「黄衣の王」がハスキーな女性声のはずがCV.関智一だったり、料理できない珠緒がたこ焼き焼いていたり。その他チョコチョコおかしな点が多すぎました。

原作の世界観・設定を変更されるのが大変嫌いですので、この点が最も気になりました。というわけで、本作はニャル子さん関連で唯一、1円たりとも関連商品を購入していないという。OPすら買わなかった…。あ、もちろんこのスタッフなら次期アニメは要らないです。原作ストックも残してますし、原作版アト子も濃いキャラで好きなのですが…。

ついでに…


原作もアニメの変な部分を拾って妙な展開に…。最新11巻の話ですが、うーん。予想の範囲内ではあるのですが、そこは秘密のままの方が美味しいのに…。
アニメ | [2013-07-01(Mon) 01:50:57]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。