プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
窓用エアコンの分解掃除。
今回は電子工作ではなくDIY的なお話。

窓用エアコンの分解掃除。

部屋の関係で、自室には窓エアコンを据え付けてあります。
かれこれ4年ほど使っているのですが、最近カビ臭くなりまして…。

エアコン洗浄剤なんて物も市販されていますが、一般的な壁掛けエアコン専用で、窓エアコンには使わないように注意書きがあったりします。

とはいえ、このままでは色々とヨロシクないので分解掃除に挑戦してみました。
ちょっと調べてみたところ、分かりやすい分解記事があったので参考にさせて頂きつつ。

窓用クーラーエアコンのお掃除・方法

なお、今回分解した機種はトヨトミの「DW-A18H」です。

1.準備


今回使った道具など。
  • プラスドライバー
  • 新聞紙
  • エアコン洗浄剤
  • カビキラー
  • プラスチック製の安いスポイト
  • バケツ


2.取り外し


まずは、エアコン本体を取付枠から外します。
この時、ノンドレン方式のエアコンなので内部に水が残っている場合があります。
というか、外す際に斜めにしたら大量の水が漏れてきました…。
内部に溜まっていたドレン水なので、なにやら赤茶色に濁った水でした。

今回は大丈夫でしたが、この時に電源系に水がかかってしまうと故障の原因に成りうるので、事前に数時間ほど送風にして運転し、内部を乾燥させておいたほうが良さそうです。

3.外装を外す


窓用エアコンの分解掃除。

ゴミやら水やら落ちてくるので、室内で分解するなら下に新聞紙などを敷いておきましょう。

分解自体はプラスドライバー一本で出来ました。ネジ止め位置は裏面(窓の外に向く側)に6ヶ所、側面下部に2ヶ所、前面に1ヶ所だったと思います。

ネジを全部外したら、前後の外装パネルを引っ張れば外せます。本体上部付近にツメで引っ掛けてある部分があるので、若干固いですが…。

4.内部の枠を外す


上部にある金属板も外します。これもネジ止めだけなので、手当たり次第にドライバーでネジを外しましょう。また、放熱フィンの横にある構造材と思しき柱も外します。

窓用エアコンの分解掃除。

上部金属板を外す時、放熱フィンに取り付けてある温度測定用のサーミスタが邪魔になります。制御基板からサーミスタにつながる線を外し、途中の結束バンドは切り取りましょう。サーミスタの線は末端が逆刺ししないような端子になっています(日圧のZHコネクタ?)。何も考えずに外してOKです。サーミスタ自体はプラスチックの部品で放熱フィンに引っ掛けてあります。プラスチック部品ごと取り外しておきましょう。

5.断熱材を外す


上部金属板が外れれば、2本の送風ファンと断熱材の発泡スチロールが見えるはずです。断熱材を引っこ抜きましょう。発泡スチロール製ですから、手荒に扱って壊さないように…。

窓用エアコンの分解掃除。

これが断熱材。見事にカビてました。

窓用エアコンの分解掃除。

断熱材を外した後の様子がコチラ。2本ある柱が送風ファンです。それぞれ近くにある放熱フィンとセットで働き、右側が室内用、左側が室外用となっています。

6.送風ファンを外す


今回は、室内の空気に関する部分だけ掃除することにしました。というわけで、室内用の送風ファンを取り外してしまいます。内部の根本あたりにネジがあるので、これを外せばファンを取り外せます。

窓用エアコンの分解掃除。

ファンを外した後の様子がコチラ。
室内用の冷却フィンの下には冷却時に出るドレン水受けがあるのですが、見事に赤茶色になっています…。

窓用エアコンの分解掃除。

別角度だとこんな感じ。
赤茶色の原因ですが、鉄サビ…ではないでしょう。そもそも冷却フィンはアルミ製ですので。
見た感じからして、ロドトルラを中心としたバイオフィルムではないかと思います。いわゆるお風呂のピンクぬめりの原因菌ですね。

7.洗浄


水洗い


丸洗い出来る部品は水で洗浄してしまいます。今回は外装パネル、送風ファン、断熱材を水洗いしました。基本的には洗剤などを使う必要は無いですが、使う場合は中性洗剤にしましょう。特に、送風ファンなどの内部部品はアルミ製ですから錆びる原因になります。

一方、カビだらけだった断熱材はカビキラーを使って洗浄しました。発泡スチロールですから、カビキラーを使っても大丈夫です。キレイになったら、たっぷり水をかけて洗い流しておきましょう。洗い終わったら、どのパーツもしっかり乾かしておきます。

内部洗浄


冷却フィンは、掃除機などで軽くホコリを除去した後、市販のエアコン洗浄剤を使って洗浄しました。今回は近くのホームセンターで売っていたアースエアコン洗浄スプレーを使用しました(2本で500円位)。本当は冷却フィンのドレン水受けも洗いたかったのですが、簡単には取り外せそうもなかったので諦めることに…。

とりあえず、関係ない部分に洗浄スプレーがかからないように、冷却フィンの後ろに新聞紙を立てましょう。その後、エアコン洗浄スプレーをたっぷり吹き付けます。この時に、ドレン水受けの汚れを可能な限りこすり落としておきました。

最終的に、エアコン洗浄剤は汚れとともに本体最下部に溜まります。この洗浄後の汚れた液は、近くにあったスポイトを使ってバケツに排出しました。

窓用エアコンの分解掃除。

説明文どおり、スプレー缶一本吹きつけた後の様子がコチラ。

窓用エアコンの分解掃除。

断熱材もカビキラーのおかげでキレイになりました。

8.仕上げ


洗浄が終わったら、後は元通りに組戻すだけです。面倒そうな部分は手を付けてないので、それほど手間取るポイントはない…はず。

洗浄後は、4~5時間位送風運転させて内部を乾燥させましょう。最初のうちはエアコン洗浄剤の残りとカビ類の残り香らしきモノが感じられましたが、しばらく送風させておいたら大分感じられなくなりました。

というわけで、窓用エアコンの洗浄でした。
洗浄後は不快なニオイも大分無くなりましたし、冷却効率も上がったようです。
日頃から使用後に2時間程度の送風を行って内部を乾燥させておけば、ある程度カビの発生を抑える事は出来ますが、数年使うとさすがに汚れていましたね。

次回の課題は赤茶色の汚れを除去することでしょう。カビキラーやオスバンは中性では無いですし、中性洗剤ベースだと殺菌などが難しいのですが…。
雑記 | [2012-09-03(Mon) 00:44:49]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。