プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
初めてのPIC。
材料がそろったので、電子ボリュームを作成したいのですが・・・。
デジタルポテンショの制御にマイコンを使う必要があります。

で、マイコンといえばPICかな・・・ということで、初めて購入してみました。
当然、コンパイラやライタも持っていませんので、なるべく「安上がり」をテーマに見繕ってみました。


1.PICの品種。

やりたいこと→デジタルポテンショの制御。・・・なのですが。
もう少し具体的にすれば・・・。

  1. アナログボリュームで電源電圧を分圧し、PICのAD変換へ入力
  2. AD変換された値を基に、デジタルポテンショへ送るデータを生成
  3. SPIインターフェイスでデジタルポテンショへ設定情報を送る

以上のようになるはずです。(・・・よね?)
ということで、今回はADCを持った8pinのPICから、「12f683」「12f1822」の2品種を入手してみました。

最初は12f683を購入したのですが・・・。ハードウェアでSPI持っていない様ですね。ソフト的にSPI送信は可能なようですが、念のため・・・というつもりで12f1822も買っちゃいました。コイツはハードウェアでSPIも搭載している最新型・・・のようですね。しかも、コチラのほうが安いし・・・(秋月価格)。


2.PICライタ ~ PICerFTを作成。

「初心者ならメーカー品を買え!」・・・と言われそうですが、USB接続可能な自作向けのライタを見つけたので作成してみました。材料もほとんど手持ちで揃っているので、中核部品だけ購入。1000円少々で作れました。
作ったのはコチラのページ「Einstein's electronic lab」で開発・公開されている「PICerFT」。

基板的にはこんな感じ。



こんな感じでブレッドボードにPICを設置し、基板からコードをつないで書き換えしています。



で、とりあえずの動作確認。ボリュームを動かすとLEDの光り方が変わるプログラムで動作確認しました。参照させていただいたのはコチラのページ「きむ茶工房ガレージハウス:無料配布ダウンロードと電子工作」。



確かに、ボリュームを回すとLEDの光り方が変わります。なかなか面白いですね。

・・・さて。動作確認は出来ましたが、SPIの送信方法と、送るデータ内容についてはサッパリ分かりません。というか、分からない所が分かりません。分かってしまえば簡単な内容だと思うのですが。

・・・詳しい方、アドバイスお願いできませんかね?


スポンサーサイト
雑記 | [2011-12-28(Wed) 02:52:09]
Trackback:(0) | Comments:(0)
恐ろしく放置してましたが・・・。
・・・何ヶ月放置していたのやら。
ちょっとだけ浮上して雑記を書いてみたり。


・電子工作熱が再来。

ここ数ヶ月、色々あって電子工作を始め趣味関係をほとんど進めていなかったのですが・・・。
12月頭辺りにちょっとハンダごてを握ったら熱が復活してきました。

これまで溜まっていた分、捗る事捗る事・・・。
nabe式PCM2704DACのリニューアルを皮切りに、プリアンプの電源強化や据え置きHPAの製作、HPA用の自作ACアダプタの強化などなど・・・。
暇を見て備忘録的にまとめておこうかと思います。回路的には他の方が考案されたモノばかりなので組み立て記事なのですが。


・電子ボリューム。

今作りたいのが電子ボリューム。前からボリュームは何とかしたかったのです。
特に、小音量時の音量調整とギャングエラー対策がしたかったので・・・。

で、初めはPGA2311あたりの電子ボリュームICを使ってみようかとも思っていたのですが。
評判を調べると、音は良いものの「色が付いたり」「ポップノイズがかなりある」等、意外に扱いづらいようで。
デジタル系とアナログ系で電源を分けて・・・とかも面倒そうでしたし。

個人的には、本当にボリュームの置き換えが出来れば良いので色々調べた結果・・・。デジタルポテンショを使えば良いのでは?という所に落ち着きました。

現在、AD8402と格闘中・・・なのですが。PICのプログラミングが分かりません。なにせ、マイコンのプログラミングなんてやった事無いですからね。他の方の公開されているソースを参考に勉強中。


・思いつき。

電子ボリューム + ゲイン切替 + 回路方式切替 + 単4四本で±5V位 + オペアンプ利得&各種バッファ・・・みたいな仕様でPHPAが作れたら面白いかな・・・などと思いつきました。MX2-6-10ケースあたりで収まれば嬉しいですが、厳しそうですね。なにか良いケースが無いものか。・・・正直PHPAより据え置きHPAで作って、評価・実験に使う方が良い仕様な気もしないではないですが。

バランスアンプのお誘いもあったのですが、やれなくて申し訳ありません・・・。


・使っていないうちに。

忍者ブログ、広告が入るようになっているのですね。ブログ屋さんも商売ですし仕方ないですが。趣味ブログなので、わざわざ有料にしてまで広告を消すつもりもないのですが・・・。(引越し後追記・・・結局、広告があまりにも大きいので引っ越す要因になりましたとさ。)


“恐ろしく放置してましたが・・・。”の続きを読む>>
雑記 | [2011-12-23(Fri) 01:22:02]
Trackback:(0) | Comments:(2)


▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。