プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
どうやって張り付いている?・・・オトシンネグロ。
ずいぶん扱っていなかったネタですが。
久しぶりのアクアネタ。


こんな感じのコリドラス達が主役の水槽ですが。




重要なサブキャラとして存在するのが今回の話題であるオトシンネグロ。




飼っている方々はご存知のとおり、水草やガラス面に張り付いて、コケなどを良く食べてくれます。

で、彼らのようなオトシンクルスの仲間 (細かいことをいえば、ネグロは別属ですが・・・)は吸盤状の口を持っていて、それを使って色々な場所に張り付いている・・・と思っていました。


ですが・・・。これはどのように張り付いているのでしょう?




コリドラス達の遊び場兼隠れ家にしている石アーチの天井部に逆さまになって張り付いている図、なのですが。どう見ても口は張り付いていません。尾びれと腹びれが少し触れている程度なのですが・・・。ちなみに、一瞬この体勢になった・・・とかではありません。結構お気に入りの場所らしく、ずっとこの体勢でじっとしていることが多いです。

魚類の細かな生態や機構などは詳しくないのですが、どなたかご存じないですかね?


“どうやって張り付いている?・・・オトシンネグロ。”の続きを読む>>
スポンサーサイト
アクアリウム | [2011-05-31(Tue) 01:22:23]
Trackback:(0) | Comments:(0)
自転車リハビリ in 境川CR。
たまには・・・ということで自転車ネタ。


ここ数年の愛車「GIANT ESCAPE R3」。コストパフォーマンスに優れた良い車種です。




基本的に街乗り仕様なので、色々装備品を取り付けています。本格派のロードバイクとは用途も異なるので、重量などは考慮せずに必要だと思った物は遠慮無く取り付けてあります。パーツの変更などは殆どなし(ブレーキシューのみ交換済み)。ハンドルの高さ調整のため、ステムの高さ調整および逆付けを行った位でしょうか。


一年程ブランクが出来てしまったので、最近は境川サイクリングロードにてリハビリ中なのですが・・・。

ロードバイクで走っている方々がやたらと速く感じます。昔はそれなりについて行けたのですが。現在はスタミナが明らかに減っています。その影響もあり、風向きの影響を考慮しても一年前と比べて平均時速が5km/h程度は遅くなっていますね・・・。体が慣れてきたらそれなりに遠出したいと考えていますが、しばらくは鍛え直す必要がありそうです。


「藤沢本町~いちょう団地」間を中心に走っていますので、近くのスポットなどがあったら紹介していければ・・・とも考えています(参考になる方は限られそうですが)。


“自転車リハビリ in 境川CR。”の続きを読む>>
雑記 | [2011-05-16(Mon) 01:44:32]
Trackback:(0) | Comments:(0)
T50p簡易レビュー。
ヘッドホン祭のフジヤエービックブースでbeyerdynamic 「T50p」を衝動買いしてみました。中古品ですが、13400円にて購入(実際には震災募金名目で+1000円支払っていますが)。

このヘッドホン、一年前のヘッドホン祭にて新作発表されていたような。確か30000円位だったと記憶していますが・・・。1年で半額って、そこそこのヘッドホンでは珍しい価格の下落っぷりではないでしょうか?


それはさておき、簡単に感想をまとめてみました。なお、鳴らし始めて約5時間程度の感想です。中古品なので新品よりはエージングされていると思いますが、しばらく使い込んでいくとまた感想が変わるでしょう。





“T50p簡易レビュー。”の続きを読む>>
雑記 | [2011-05-08(Sun) 02:12:39]
Trackback:(0) | Comments:(0)
春のヘッドホン祭2011。
春のヘッドホン祭に行ってきました。

秋には関東にいなかったので、1年ぶりの参加。



1.会場について。

秋に行っていないので、外苑前の会場は初めてなのですが・・・。中野の時より人が多いような。出展されてる企業ブースも数が増大してますよね?

事前にブースの出展内容など全く調べずに行ったため、どこに何があるやら・・・。会場の同じ場所を何度も通りつつ、色々見てきました。そういえば、8Fに行ってませんでした。AKGやShureなども見るつもりだったのですが・・・。



2.見てきた物。

ヘッドホンアンプをいくつかと、各社高級ヘッドホンの試聴を中心にぐるぐると。

GradoのPS1000 Version2011は、開放型でヌケが良いのにあの低音の出方は凄いですねえ。Grado好きな人の気もわかる気がします。

ヘッドホンアンプでは、MHaudio HA-1とかBispa BSP-PHPA-03Rとか・・・。HA-1は変に強調されている帯域もなく、綺麗で素直な印象でした。結構好印象。BSP-PHPA-03Rは、事前に調べて予想していた内部構成とほぼ同様でした。やはりこの方向の音が一番落ち着きます。BSP-PHPA-03Bもあったので聴いてみましたが、こちらはほかのレビューなどにあるように、結構低音よりな音でした。

面白かったのが、「Music with 規格外」ブース。おもちゃ缶などに詰め込んだ自作基板のアンプをいくつか聴かせていただきました。MUSES01 (02だったかも?) + 多段J-FETバッファ構成とシンプルながら、結構な高級パーツで仕上げておられました。音としては、まろやかで素直な感じでした。目指す方向とは異なりますが、あのような音も面白いかもしれません。



・・・しかし、市販のアンプは結構大きいですね(正しくは厚みがありますね、かも)。DAPにIPod Classicを使っている関係で、面積を小さくすることより厚みを減らした方が収まりが良い・・・ということなのですが。



3.衝動買い。

フジヤエービックの物販ブースの人だかりに釣られて覗いてしまったのが悪かったのですが。新しいヘッドホンをつい購入してしまいました。購入したのは、中古の「T50p」。実は、初ベイヤー。



4.総評。

人ごみすぎて疲れました。試聴待ちなどによる人だかりができてしまうのは仕方ないのですが、うまくいかないものでしょうかね?まあ、某有明イベントと比べるのは酷ですが。

しかし、ヘッドホンにしろアンプにしろ、本気で聴き込む為にはやはりもう少し落ち着いた場所でないと厳しいですね。ざっとした印象だけをさらってきた感じです。



5.心残り。

我が心の師匠に声を掛け損ないました・・・。会場でお見かけしたのですが、タイミングがあわず。









雑記 | [2011-05-08(Sun) 02:10:58]
Trackback:(0) | Comments:(0)
A47CP基板向けオペアンプについて。
本基板A47CPですが、それなりの枚数を頒布させていただきました。

それに伴い、使用するオペアンプの品種に関するご質問が多くなってきましたので、本基板における選択方針と簡単なインプレなどをまとめてみました。

動作電圧が中途半端・・・などのご意見もありますが、利得用オペアンプについては意外に色々な品種が動作します。(鳴らすだけならLT1028やLT1128などについて動作確認しています。)ただし、DCDCによる昇圧を用いているため、通常の電池駆動に加えて気をつけたほうが良い点があります。


・選択方針

気をつける点としては、以下の2点です。なお本基板をMX2-6-10ケースにいれた場合、物理的にDIP品のシングルオペアンプは搭載不可能になります。こちらも忘れずに。


1.回路全体の消費電流

本基板は、チャージポンプICを使った負電源生成を行っています。また、電源ラインのノイズ除去にRCフィルタを用いています。そのため、回路全体の消費電流は抑えめに構成するほうが望ましいです。理由は以下の3点。

1)チャージポンプICの出力能力

ICの出力電流(MAX 100mA)が決まっているため、消費電流が大きすぎると電流不足に陥る可能性がある(低音の量感不足や音の伸びの悪さなどにつながる)。余裕を見て、最大出力の30~50%程度の消費電流で抑えておいたほうが良い。


2)RCフィルタおよびチャージポンプICの出力インピーダンス

電源ラインに抵抗成分が存在するため、電圧降下が起こる。消費電流が大きくなると、当然の事ながら電圧の降下が大きくなる。


3)駆動時間

ポータブルアンプであるため、駆動時間は長い方が良い。


2.U2(バッファ)の選択

バッファであるU2にはドライブ能力が高い品種を選択してください。ドライブ能力が高い品種を選ぶ事で、U1の動作を助けるように働くため、U1の選択肢が広がります。

注目する点は動作電圧と出力電流です。U2のオペアンプについては±3V程度でしっかりと動作する、出力電流の大きな品種を選ぶのが良いです。さらに、スルーレートがそこそこあるとなお可。


このような点に考慮して、オペアンプを選択するのが望ましいです。
以下に、手持ちの品種について至極簡単なインプレなど。


“A47CP基板向けオペアンプについて。”の続きを読む>>
基板 | [2011-05-05(Thu) 16:40:15]
Trackback:(0) | Comments:(1)


▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。