プロフィール

Author:kiry
ヘッドホンアンプ中心に電子工作で遊んでいます。他に趣味の話題も。


kiry

カレンダー(月別)
01 ≪│2011/02│≫ 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
サイト内検索
Loading
カテゴリ
カウンター
よく見られている記事。
ブログパーツ
最新コメント
リンク
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--]
Trackback(-) | Comments(-)
オペアンプ+SEPP分圧。
気がつけば2月も半ば。
めっきり更新していない訳ですが。

久しぶりの更新は、仮想GND生成回路の話題。
オペアンプによる分圧を普段使っていましたが、
もう少しなんとか・・・ということで、こんな回路を作成してみました。

回路図

(LCフィルタバージョンに変更 12/03/30)
SEPP+オペアンプ分圧

要するに、2回路オペアンプによるボルテージフォロワにバッファをつけたものです。ボルテージフォロワ初段で電圧を安定させ、2段目にバッファをつけて電流を稼ぎ、オペアンプに帰還させています。分圧回路の入出力にLCフィルタを挿入することで、ACアダプタのスイッチングノイズの除去も狙っています。

動作電圧としては、+15Vまではチェック済みです。それ以上の電圧については未確認ですので、挑戦する場合はトランジスタの熱暴走などに気をつけつつ試してみて下さい。

実体配線図


SEPP+オペアンプ分圧
フェライトビーズは秋月にてチップ品が入手できます。コイルについては、そこそこ電流が流せる品のほうが良いでしょう。ですので、ラジアルタイプのものをお勧めします。

R1とR2、R3とR4はそれぞれ抵抗値が揃っている方が望ましいです。テスタを使って、複数本から選別すると良いでしょう。品質自体は普通のカーボン抵抗で十分です。

コメントほか。


電流を稼ぐ部分をSEPPに任せているため、オペアンプの選択としては出力電流よりも低ノイズかつ電気的特性が良いものを使うのが良いようです。

手元にあったオペアンプでは、LT1112・LT1723・LT1492・NJM4556ADあたりで動作確認済みです。
音質的には、LT1112・LT1492あたりがキレがあって好印象。
NJM4556ADは少し柔らかい音になるようでした。



実装した写真がこちら。

コンパクトに作ることを考えずに載せたのですが、このような感じ。
バッファIC仕様と大して面積は変わらないので、コスト的にこれからは多用しようと思います。


スポンサーサイト
電子工作 | [2011-02-11(Fri) 10:26:54]
Trackback:(0) | Comments:(8)


▲ページのTOPにもどる


お知らせ。
ご意見・ご感想大歓迎です。該当記事へのコメントなどでお伝え下さい。喜んでお返事いたします。
ツイッター
管理人のオススメ記事。
あると便利な工具類。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。